<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西岡教室 制作体験会

 恒例になりました、西岡教室のステンドグラス制作体験会のお知らせです。

 12/2(木)10:00~12:00
 ホーマックスーパーデポ西岡店 2F 第2教室
 にて、クリスマスリースの制作体験をしませんか?参加料は¥3,500-です。

 場所等詳細はコチラのページをご覧下さい↓

http://www.sgs-st.com/nishioka.html


 この11月は、とても虹がかかる日が多かったように思います。特に12日午後、東側にかかった虹は珍しく端から端まで見えました。皆さん、覚えていますか?
 本当に虹の橋のようで、急いでカメラを構えたのですがなんと、大きくて収まりきらなかった!
 自然の偉大さを感じた瞬間でもありました。

  段々気温が下がってきていますね。
 晩秋を通り越し、そろそろ白い季節がやってくるのでしょう。今年は…雪が多くない事、道路がツルツルにならない事を祈りたいものです!


b0181707_10411555.jpg


 
by sgs-st | 2010-11-25 10:42 | ステンドグラス一日体験教室 | Comments(0)

1日限りの展示です

 当社ホームページでもお知らせしておりますが、

 本日、

 菊水地区センター(白石区菊水七条2丁目・Pあり)
にて作品を展示しております。15時頃までの展示です。

 ランプの新作も展示しております。

 ぜひご覧下さいませ!
by sgs-st | 2010-11-16 08:40 | お知らせ | Comments(0)

後ろがみえなくなるガラス!?

 昨日の工房での教室で、Dさんが作っていたパターンブックからのパネルが完成しました!丁度今の時期に似合うのではないでしょうか。

b0181707_932686.jpg


 Dさんらしい優しい色づかいでまとめられています。葡萄とワインの香りがほわっとしそうなパネルですよね。Dさんは今月がお誕生月だそうで、記念の1作として今月完成させたかったそうです。

 …そして恒例の撮影大会…
b0181707_9352477.jpg

 みなさん、完成した仲間の作品を撮影しておいて、自分の次回作の励みにするそうです!素敵!

 そんな中、パネルを撮影していて気がついたのですが、↓の画像をご覧下さい。
b0181707_9364342.jpg

 窓の外に電線が見えているのがわかりますか?この電線、パネルのベースのガラスの部分で見えなくなっているのです。そしてまた、ワインのボトル部分でも電線が見えているのですが、ベースのガラスの部分でまた見えなくなっていますね!

 リップルという波模様のガラスを利用し、このパネルは作られています。色はクリアでも模様が入っていることによって後ろの風景が影になったり、はっきりと見えなくなったりします。
 「ステンドグラスを窓にいれても、中が見えてしまうのではないかしら?」と、思っている皆様、ガラスによってはこのように見えにくくなるものもあるのです。
 詳しく知りたい方は工房へご連絡下さい。

 最後にお知らせです。
11月16日(火)10:00~14:00
菊水地区会館(白石区菊水七条2丁目)
にて開催される
 第二回高齢者ふれあい交流会にて、工房作品が展示されます。
 短い時間ではありますが、どうぞご覧下さいませ。

http://www.sgs-st.com

 
 
by sgs-st | 2010-11-11 09:47 | ステンドグラス教室 | Comments(0)

11月21日は…

 10月末は西岡教室で久しぶりの一日講習を行いました。そして朝日カルチャーさんでも特別講座が開催されました。

 内容もハロウィーンのかぼちゃやクリスマス用の小物などなど、年末や雪のシーズンを感じさせるものを作る季節になったことを感じるものが増えてきました。
 季節はだんだん初冬になろうとしていますね。


 さて、私共(有)ステンドグラス綜合工房は、様々な場所で一日講習会を開催しておりますが、今月はお子様向けの講座が開催されます。

 長沼町の小学生の皆さん!11/21(日)に公民館でステンドグラスを一緒に作ってみませんか?詳しいことは長沼町教育委員会までお問合せ下さい。 

 11月になり、今年も残すところ、あと2ヶ月です。本当に時間がたつのはあっという間ですね。
 これからは年末に向けてやりのこす事がないようにしていく時期ですね。ステンドグラスの作りかけのもの、年内に完成したい!と思っていらっしゃる方、多いんじゃないかと思います。一緒にがんばっていきましょう!


b0181707_9591840.jpg

遅れましたが、ハロウィン画像を…。
by sgs-st | 2010-11-02 10:01 | お知らせ | Comments(0)